筒香嘉智(つつごうよしとも)の経歴や高校と兄姉が気になる!成績と年俸推移も調べた! 

今回は2016年は本塁打と打点の2つのタイトルを獲得して、チームを初のクライマックスシリーズに導いた、横浜DeNAベイスターズの筒香嘉智(つつごうよしとも)さんを紹介したいと思います。

筒香さんは、侍ジャパン(野球日本代表)の4番候補でもあります、得点圏打率などを考えると筒香さん以上の適任者はいないかと思います。

筒香嘉智(つつごうよしとも)さんの経歴や出身高校に兄や双子のお姉さんのことと、成績と年俸推移を調べてみました。

Sponsored Link

プロフィール(経歴)

筒香 嘉智(つつごう よしとも)
生年月日 1991年11月26日(25歳)
出身地 和歌山県橋本市
身長 185cm
体重 97kg
血液型 A型
投打 右投げ左打ち
ポジション ライト・レフト・ファースト・サード
背番号 55→8→25(2012-)

橋本市立恋野小学校(和歌山ニューメッツ)
橋本市立隅田中学校(堺ビッグボーイズ)
横浜高等学校
横浜ベイスターズ
横浜DeNAベイスターズ(2010-)

2009年ドラフト1位 契約金9,000万円 年俸800万円
(通算7年) 試合559 打席2262 安打562 本塁打110 打点351 盗塁4 三振470 打率.286 出塁率.374 長打率.519

小学校と中学時代

筒香さんが野球を始めたのは小学校2年生の時です、ヤングリーグ和歌山ニューメッツに所属して、小学生から硬球で野球をしていてポジションは投手をやっていました。

ちなみに橋本市立恋野小学校の2年先輩に俳優の溝端淳平さんがいて、家もかなり近くで仲が良いそうです。

中学は橋本市立隅田中学校で、ボーイズリーグ堺ビッグボーイズ(堺BB)に所属して4番として30本塁打を記録。中学3年生のときに全国大会ベスト4、ボーイズ関西選抜4番で世界大会に出場もしています。

堺BBの練習は土日が中心で、それ以外の日は中学からすぐ帰宅して午後4時から8時まで、お父さんが自宅裏に作ってくれたビニールハウスの練習場(なんとナイター設備も完備!!)、そこで歳の離れたお兄さんが毎日練習の手伝いをしてくれたそうです。

毎日の特訓と堺BBの練習で、中学時代は友達と一度も遊んだことがないそうです、友達と遊びたいという思いもあったそうですが、野球をすることが楽しかったので、特訓も練習も全然苦ではなかったそうなんです。

堺BBで筒香さんを指導した方が言っていますが、筒香さんは不器用な子供でしたが、努力をする天才だったそうです。「何でも身につけるまでは時間がかかるけど、自分に必要な物を見分ける力があり、それを体得するために努力する天才だった」

努力ができるって実は才能なんですよね、野球の才能がある人間が努力の才能まで持っているのですから、凄い選手になるわけです。

横浜高校を選んだ理由

関西の強豪高校からも誘いがあったそうですが、筒香さんが横浜高校に進学することを決めています、進学理由は1998年の7歳の時に夏の高校野球準々決勝の、横浜高校対PL学園の伝説の試合を見たからだそうです。

この試合9回で決着がつかずに延長線に突入し。横浜高校が延長で2度勝ち越すもすぐPL学園が追いつくという白熱の展開で延長17回まで戦った試合です。

当時横浜高校のエースだった松坂大輔さん(ソフトバンクホークス)が250球を投げた活躍に凄く影響を受けたそうです。

生で見たのでしょうか?気になりました、なぜかというと調べていたら準決勝の横浜高校VS明徳義塾戦を生観戦しという記事を見つけたのですが、生観戦した試合よりテレビで見た?準々決勝の方印象に残るのは不思議だなと思ったもので。

準決勝の明徳戦も準々決勝のPL戦に勝るとも劣らない試合なので、生で見たら準決勝をあげてもいいものですよね。

おさらいすると、準決勝の明徳義塾戦は8回表まで6点差をつけられていて、横浜高校が8回4点9回3点と取りサヨナラ勝ちをした、これまた劇的な伝説の試合の一つです。

1998年夏の甲子園の横浜高校は劇的な試合の連続でした、決勝の京都成章高校戦では、疲れているはずの松坂さんがノーヒートノーランを達成して優勝しました。

まるで漫画のような劇的な勝利だらけの優勝でした。あの時の横浜高校を見たら、横浜高校に憧れるのも無理ありません。全国の何万何十万という中学生が憧れたことでしょう。

横浜高校時代

横浜高校では1年生春から4番に抜擢されています。

プロ野球選手に本気でなりたいと思ったのは、高校2年生の時に1年先輩の土屋健二さんが日本ハムにドラフト4位に指名されて、プロ入りしたことがきっかけです。

その時からプロを目指し常にプロ入りを意識して、練習もそれまで以上に取り組むようになったそうです。

甲子園には2年の春夏と2回出場。

2年夏の第90回大会では、初戦の浦和学院高校戦で、先制ホームランを打ち勝利に貢献、準々決勝の聖光学院戦では満塁ホームラン・2ランホームランと2打席連続ホームランを含む1試合8打点の大会タイ記録を作りました、準決勝で大阪桐蔭に負けてしまいベスト4止まりでした。

5試合で19打数10安打打率.526 3本塁打 14打点という凄い結果を残しています。

3年の夏は主将として甲子園を目指しました。

神奈川大会準々決勝の横浜隼人高校戦、9回表に同点に追いつきランナー2塁3塁の場面で筒香さんに打順が巡ってきましたが打てずに同点止まり、延長十回には筒香さんが失策で出してしまった走者が帰りサヨナラ負けをして甲子園を逃しています。

筒香さんは「思い切ってプレーした結果だったので、後悔はないです」と言っていました、精神力強ですねこれくらいないとプロでもやっていけないでしょうし日本代表で4番も打てないんでしょうね、自分だったら10年位はくよくよしてしまうような出来事です。

筒香さん高校では通算68本塁打を打っています。

Sponsored Link

プロ入り

2009年のドラフトで横浜ベイスターズに1位指名されて入団、背番号は55。

2010年は1軍では3試合の出場、10月7日の阪神戦の3打席目に1軍初安打となるソロホームランを打っています、二軍ではホームラン王と打点王の2冠を達成。

2011年に背番号を8に変更しています1軍出場は40試合で8本塁打、2軍では2年連続ホームラン王に輝き大器の片鱗を見せ始めています。オフに背番号を巨人にFA移籍した村田修一さんの付けていた25にしました。

2012年は108試合に出場し10本塁打、2012年11月に行われた侍ジャパンマッチ2012「日本代表 VS キューバ代表」の日本代表に選出されています。

2013年は定位置争いに破れて出場試合が23試合と激減、オフに巨人の大田泰示さん(現日本ハム)とのトレード話があったと東京スポーツが報じています。入団4年目の期待の大砲を、手放すなんてありえないと思うのですが・・・

2014年は111試合に出場して、打率.300 22本 77打点と好成績を残しました。

2015年は4番に定着して、138試合 打率.317 24本 93打点 0盗塁と前年に続き好成績を収め、年俸も1億円の大台に乗り、日本代表の常連に。オフには志願してドミニカ共和国のウィンターリーグに参加しました。

2016年は、7月に日本プロ野球初記録となる3試合連続マルチ本塁打と月間6度目のマルチ本塁打を達成。133試合 打率.322 44本 110打点、本塁打と打点の2冠王に輝き、チームは3位となり球団初のクライマックスシリーズに進出に貢献。

シーズン途中打率もトップに立ったこともあり三冠王の可能性もあったシーズンでした。筒香さんは三冠を狙える数少ない選手です。

兄や双子の姉が気になる!

筒香さんには10歳年の離れたお兄さんがいます、名前は裕史さん。

10歳離れたと書かれたところもありますが、朝日新聞のインタビュー記事で筒香さんご本人が9歳と言っているので、9歳が正解なんでしょうかね。

朝日新聞以外は10歳上のと書かれているので、10歳歳上が正解だと思います。

お兄さんも野球をやっていて高校は野球の強豪高校出身だそうです。

甲子園出場経験があると週刊誌に書かれていました、甲子園出場は春なのか夏なのかレギュラーだったのか等はわかりません。

怪我をして野球を辞めているそうで、大学も中退してまで筒香さんの特訓に付き合ってくれたそうですから。筒香さんに対して(怪我で野球ができなくなった)自分の分も頑張ってくれとの思いもあったことでしょうね。

現在は横浜市立老松中学校で体育の教師をやっています、しかも野球部顧問だそうです。これほど野球部顧問として期待度の高い方もなかなかいないかと思います。

双子の姉

筒香さんには、二卵性双生児で双子のお姉さんがいて名前は遥さん、顔は筒香さんとは全く似ておらず美人だそうです。

この遥さんの画像は2010年位の画像ですので年齢は19歳の頃でしょうか、ということはあれから7年経ってもっと美人になっているんでしょうね。

高校は奈良の進学校に通っていたそうで、筒香さんも 姉と同じ高等学校へ進学してもおかしくなかったと横浜高校の渡辺監督が言っているので、筒香さんもかなり頭良いみたいです。

奈良県の進学校で私が一番最初に想像したのは、毎年東大合格者を多数出す東大寺学園高等学校でしたが、 東大寺学園高等学校は男子校なので・・・

他には西大和学園高等学校・帝塚山高等学校・奈良学園高等学校などがあります。

智辯学園高等学校の可能性もあります、筒香さんの実家からか5kmくらいとかなり近いですし野球の強豪校ですから、筒香さんも進学を考えていたかもしれません。

頭がいい?

筒香さん、ヒーローインタビューでは定番で平凡なことしか言わないのですが、それは「超頭いい」ゆえ?という記事がありました。

頭がよく常に冷静なので、勢いで余計なことなどを話さないので、定番なことしか言わないみたいです。

チームメイトの宮﨑敏郎さんが、「全部すごいですけど、頭いいですよね。超頭いいと思いますよ。配球とかもめっちゃ考えてると思いますし」と答えていました。

年俸推移と成績!

2009年(18歳) 契約金9,000万円
2010年(19歳) 800万円 3試合 打率.143 1本 1打点 0盗塁
2011年(20歳) 900万円 40試合 打率.241 8本 22打点 1盗塁
2012年(21歳) 1300万円 108試合 打率.218 10本 45打点 1盗塁
2013年(22歳) 1950万円 23試合 打率.216 1本 3打点 0盗塁
2014年(23歳) 1600万円 111試合 打率.300 22本 77打点 2盗塁
2015年(24歳) 4600万円 138試合 打率.317 24本 93打点 0盗塁
2016年(25歳) 1億円 133試合 打率.322 44本 110打点 0盗塁
2017年(26歳) 3億円
(金額は推定、出来高払い除く)

2016年は、セリーグの本塁打と打点の2冠を取り、打率はリーグ3位で2年連続ベストナインに選ばれ、チームも初のクライマックスシリーズ進出しそれに貢献しましたので、1億円から3倍増となると3億円になりました。

1億円からの3倍増の年俸3億円には、日本中が驚きました誰も予想していない金額でしたので。

筒香(つつごう)姓を調べた!

筒香(つつごう)とう名字は珍しく、「2015年珍しい名字の現役プロ野球選手ベスト30」では3位に選ばれています。

筒香という名字は全国に3世帯しかいません、筒香さんの実家・お父さんのお兄さんの世帯・お兄さんの息子さん世帯の3世帯です。

名字由来netで調べますと、筒香姓は【全国順位】82,045位 【全国人数】 およそ10人とあり和歌山県に集中しています。

ということは筒香さんに両親にお兄さんとお姉さんで5人、お父さんのお兄さんと息子さんで7人ということになります。筒香という名字の方がいたら、筒香さんの近い親戚という可能性が高いです。

筒香の解説です。

現和歌山県と三重県南部である紀伊国伊都郡筒香庄発祥ともいわれる。近年、愛知県安城市と和歌山県橋本市にみられる。
引用

関連記事です。
陽岱鋼の嫁が美人で子供と兄妹は何人?成績と年俸推移まとめ!
有原航平(日本ハム)の出身中学・高校と年俸推移は?態度が悪いって本当?
郭俊麟(西武)の出身高校や大学と彼女が気になる!成績と年俸も調べた!
伊藤義弘(元ロッテ)の結婚した嫁と子供は?戦力外通告に出演で年俸と経歴が気になる!
西川健太郎(元中日)が戦力外通告で結婚した嫁と進路が気になる!年俸推移も調べた!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする