三原舞依(フィギュア)の高校と難病の病名は?坂本花織は親友でライバル!

日本女子フィギュアスケート界期待の選手が、大舞台で結果を出し存在を全世界にアピールしました、その選手の名前は三原舞依さんです。

三原さんここまで来るのにかなりの苦労がありました、それはどんな苦労だったのでしょうか?

フィギュアスケート三原舞依さんの通っている高校と、突然罹ってしまった難病の病名、そして坂本花織さんとの関係などを調べてみました。

Sponsored Link

プロフィール(経歴)

三原 舞依(みはら まい)
生年月日 1999年8月22日(17歳)
出生地 兵庫県神戸市
身長 154cm
血液型 A型
所属 神戸ポーアイランドFSC
趣味 スケート鑑賞 音楽鑑賞

特別強化選手
コーチ 中野園子 グレアム充子
振付師 マッシモ・スカリ 佐藤有香

トータル 189.03 2016 CSネーベルホルン杯
ショート 65.75 2016 スケートアメリカ
フリー 125.92 2016 CSネーベルホルン杯

2014
第34回全国中学校スケート大会 優勝
チャレンジカップ(Jr) 4位
JGPスロベニア大会 6位
全日本ジュニア選手権 7位
全日本選手権 9位

2015
第70回国民体育大会冬季大会(少年) 優勝
第35回全国中学校スケート大会 3位
ガルデナスプリングトロフィー(Jr) 優勝
アジアンオープントロフィー 優勝
JGPスロバキア大会 2位
JGPオーストリア大会 2位
西日本ジュニア 3位
全日本ジュニア選手権 8位
ジュニアグランプリファイナル 6位

2016
ネーベルホルントロフィー 優勝

三原さん、神戸市立ポートアイランド・スポーツセンターを拠点にしている神戸ポーアイランドFSCに所属しています。

三原さんがスケートを始めたのは小学校2年生の頃で、テレビで浅田真央さんの演技を観て「凄いな、私もやってみたいな」と思ったのがきっかけです。

スケーティングとか手の動かし方とか音楽の表現の仕方とかを、いつも浅田真央さんのビデオを見ながら研究するようにしているそうです。

フィギュア選手の場合、フィギュアを始めたきっかけが○○選手の演技を見てという人が多いですね。

山本草太さんは プルシェンコさん、坂本花織さんと紀平梨花さんは荒川静香さんの演技がきっかけでスケートを始めています。

浅田真央さんの日本フィギュア界における貢献度かなり凄いです、有名なところでは宇野昌磨さんをフィギュアの道に誘い浅田さんのお母さんが村上大介さんを日本に誘ったりと、あと浅田さんが目標のフィギィア選手も多いですし。

高校は?

出身中学は、神戸市立飛松中学校です。

三原舞依さんが進学した高校は、兵庫県立芦屋高等学校です。

芦屋高校出身の有名な方は、俳優の 島田順司さんや 半田健人さん、サッカー日本代表元監督 加茂周さんなどがいます。

三原さん中学2年生の頃から高校進学を中野コーチたちに相談していて、候補はいくつかあったそうですが、中野コーチの家に近くてリンクにも通いやすいので中野コーチに薦められ芦屋高校を選びました。

高校受験にあたりシーズン中はスケートを頑張って、シーズンが終わるくらいにちょっと焦りながらヤバイ!と言いながら頑張ったそうです。

三原さん凄く勉強ができると親友の坂本花織さんが言っています。

学業とスケートの両立が大変で、高校の勉強のスピードが思ったより早くていつも勉強に追われているそうです、練習中の待ち時間を使って英単語の勉強をしていることも。

フィギュアの選手の方々は、朝夜とかなりの時間練習しますから、学校の勉強もこなすとなるとかなりハードなスケジュールになりますね。

芦屋高校の校則かなりゆるいとのことですが、最近厳しくなっていているそうです、女子の制服はキャメルのブレザーにベージュのチェックのスカート(可愛いくて有名)で男子は学ラン、式がない日は私服でも良いそうなのでかなり自由な校風な高校みたいです。

芦屋高校の制服画像の一覧です。

頑張り屋さん!!

三原さんは頑張り屋さんで、夜も寝ないで学校の勉強をしてしまうような、全部きっちりやりたいタイプと中野コーチが言っています。

手を抜けない性格のようです、このタイプは頑張りすぎてしまうので、周りが無理しないように見てあげないといけないです。

Sponsored Link

難病の病名は?

三原さんが罹ってしまったのは、若年性突発性関節炎(若年性リウマチ)という難病です。

三原さん2015年12月スペインで行われたジュニアGPファイナルに出場した頃から、両膝に激しい痛みを感じるようになりベッドから起き上がることもできないことがあり、帰国後病院を訪れ診察を受けたら、若年性特発性多発性関節炎という診断を受けました。

実は2015年の夏の終わりくらいから足が動きにくく、病気の兆候が出ていたようです、両ひざ・両足首・ひじや肩も痛くなり、一番酷い時は歩けなくてずっと車椅子に乗っていたこともあります。

もっと早く初期のうちに見つかっていればとか思うのですが、病気の初期症状って見逃されること見逃してしまうことが多いですよね。

病気の発症後は、入院と通院を繰り返し投薬治療を受けつつ、陸上トレーニングで体つくりをして、2016年3月頃からようやく氷上練習ができるようになり、ジャンプ練習ができるようなるまでは、スケーティングと陸トレ中心の日々を送りました。

この時の頑張りで三原さんのスケーティング能力が飛躍的に向上したそうです。

今でも朝起きた時や天が悪い時は痛みを感じることもあり、月1回の点滴治療をしながら練習に臨んでいるそうです。

「病気明けだからできない、ということは一切関係ない。昨季の自分を越えられるような、スケーターになっていけたら。氷に乗れたという感謝の気持ち、うれしさをプログラムで表現できたらいい」。
引用asahi.com

またフィギュアスケートやれること嬉しいでしょうね、しかも大きな大会で演じることのできる嬉しさこれは格別なものがあると思います。

若年性特発性関節炎とは

小児(16歳未満)で発症する関節リウマチ(関節炎を主な症状とする病気)のことです。病態(病気の様子)から若年性特発性関節炎は大きく全身型と関節型(少関節型、多関節型)の2つに分類されます。若年性特発性関節炎の患者さんの割合は、小児の人口10万人あたり8.79人との報告があります。タイプ別では、全身型が42%、少関節型が20%、多関節型が32%、その他が6%を占めています。病型によって異なりますが、一般的には女児の方が多いようです。
引用http://www.riumachi.jp/jia/about/index.html

難病のフィギュア選手

難病のフィギュア選手と言えば、木原万莉子さんも難病にかかりましたが難病を克服してまたフィギュアスケートをしています。

木原さんがかかった難病は、大腿骨頭(だいたいこっとう)すべり症です、大腿骨頭すべり症は成長期の10~14歳頃に多く発病し、大腿骨の股関節部分の骨頭先端の丸い骨端部が成長線を境として徐々にあるいは急激にずれを生じる疾患で、3万人に1人の確率でかかる難病です

フィギュアスケートどころかちゃんと歩けるようになるかもわからないと医者に言われましたが、2度の手術と過酷なリハビリをして2年後に復帰しました。

坂本花織は親友でライバル!

三原さんと神戸市立ポートアイランド・スポーツセンターを拠点にしている、神戸FSC所属の坂本花織さんと親友で凄い良いライバルなんです。

三原さんは高校2年生の17歳、坂本さんは高校1年生で16歳と学年と年齢は違いますが、「かおちゃん」「まおちゃん」と呼び合う程仲が良い親友です、しかも年々仲の良さが増してきているそうですよ。

親友でライバルとなる人が同じ練習拠点にいるって素晴らしいですね、ライバルがいるいないで成長率が違って来ますから、ライバルはいたほうが絶対良いです!!そんな人が物凄い近くにいるなんて素晴らしい環境です。

ライバルなだけでなく、親友ですししかも同じ競技をしているなんて滅多にあることじゃないですよ、この関係大切にしてほしいですね。

ちょっと補足です、三原さんと坂本さん同じ施設を拠点に中野コーチとグレアム充子コーチに師事していますが、所属しているクラブが違います、三原さんが神戸ポーアイFSCで坂本さんは神戸FSCです。

神戸ポーアイFSC(フィギュアスケートクラブ)と神戸FSCの違いが気になり調べてみたところ、ポートアイランド・スポーツセンター東側に住んでいる人は神戸FSCとなり、西側に住んでいると神戸PFSCとなるようです

まとめ

小学校2年の頃に浅田真央さんの素晴らしい演技に憧れてフィギュアを始めた

中学は神戸市立飛松中学校、高校は兵庫県立芦屋高等学校

芦屋高校を選んだのは、中野コーチの家に近くリンクにも通いやすいから

勉強が凄くできるらしい

性格は、頑張り屋さんで全部きっちりやりたいタイプ

難病の若年性突発性関節炎(若年性リウマチ)に罹った

坂本花織は親友でライバル、かおちゃん・まいちゃんと呼び合う仲

関連記事です。
坂本花織の高校と出身中学が気になる!3姉妹の三女なんです!
紀平梨花は広田幼稚園出身で中学は?進学先高校を予想!
白岩優奈の中学と高校が気になる!兄と名前の由来を調べた!
青木祐奈の出身小学校と中学が気になる!本田真凛 と仲が良い?
新田谷凜の出身高校や中学と年齢が気になる!兄弟や家族も調べた!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする