植田直通の年俸推移と移籍話が気になる!人見知りで格闘技がかなり強い?

鹿島アントラーズの守備の要の一人で、日本代表にたびたび招集される、日本屈指の身体能力を持つディフェンダー植田直通さん。

今回は植田直通(うえだなおみち)さんのこれまでの年俸推移・移籍話に、本当に人見知りなのか、格闘技などがどれくらい強いのか調べてみました。

Sponsored Link

プロフィール(経歴)

植田 直通(うえだ なおみち)
生年月日 1994年10月24日(23歳)
出身地 熊本県宇土市
身長 186cm
体重 79kg
血液型 A型
利き足 右
靴のサイズ 28.0cm
背番号 23→5(2017-)

宇土市立緑川小学校 (熊本)
宇土市立住吉中学校 (熊本)
熊本県立大津高等学校 (熊本)
鹿島アントラーズ (2013-)

成績と年俸推移

2013 J1 カップ2試合 天皇杯1試合
2014 J1 リーグ20試合 カップ3試合 天皇杯1試合 U-22選抜2試合
2015 J1 リーグ12試合1G 天皇杯1試合 ACL2試合 U-22選抜2試合
2016 J1 リーグ21試合 カップ2試合 天皇杯4試合 チャンピオンシップ1試合 クラブW杯3試合
2017 J1 リーグ29試合3G天皇杯2試合 ACL7試合1G

2013年(19歳) 360万円
2014年(20歳) 360万円
2015年(21歳) 1,000万円
2016年(22歳) 1,200万円 1,100万円
2017年(23歳) 1,500万円 2,500万円
2018年(24歳) 3,000万円 2,000万円

*黒の太文字はサカマネ.net推定年俸
*赤はサッカーダイジェスト版選手名鑑推定年俸
*青はエルゴラッソ版選手名鑑推定年俸

サカマネ.netとエルゴラッソとサッカーダイジェストの選手名鑑を参考にしました。

2016年はサカマネが1200万円、サカダイ版が1,100万円と100万違いです。

2017年になると差が1,000万円になります、リーグ21試合出場U-23で五輪出場にクラブW杯でも活躍して300万円増じゃちょっと少ない気がします。サカダイ版とエルゴラ版で2,500万円と書かれているので、2,500万円が正しい気がします。

2018年の年俸なぜかサカダイ版は500万円減額の2,000万円になってます、いくら優勝を逃したとしてもリーグ戦29試合も出ているのに減額はちょっとないと思うので、エルゴラ版の3,000万円が正しそうです。

植田さん海外移籍したら、移籍リーグ・チームによるでしょうが現在の年俸2,500万円の2~4倍くらいに増えそうですね。

移籍話が気になる!

2017年になって植田さんにたびたび海外移籍の話が出てきています。

2017年4月に出てきた話は、イタリアの某クラブが植田さんの獲得に本腰を入れているという話でした。

2017年12月にはもっと具体的な話が出てきました、ドイツブンデスリーガ2部ウニオン・ベルリンが獲得を検討しているとスポーツ報知が報道しています。

ウニオン・ベルリンの主力センターバックが来夏までに移籍の可能性があり、植田さんをリストアップしたとのことです。

ウニオン・ベルリンに移籍したら、ブンデスリーガ2部の平均年俸は45万ユーロ(約5,500万円)なので、今の2倍くらいの年俸貰えそうです。

植田さん海外志向が強く海外移籍を希望しているようです、そうなると正式なオファーがあったら結構簡単に決まってしまうかもしれませんね。

センターバックは他のポジション以上に、周囲との連携やコミュニケーションが大事ですので、言葉の壁がある海外移籍は大変だと思います。

強い精神力を持っている植田さんなら、乗り越えられると思いますが、気になる点もあります。それは次の項目で語ります。

Sponsored Link

人見知り!

植田さん実は極度の人見知りで、そんなにすぐには打ち解けられないタイプなのです、入団当時のアントラーズの会報誌でそのように言っています。

昔から人見知りで、高校1年生の頃が酷く、でも知らないうちに仲良くなっていたそうです。

人見知りは簡単に克服できないと思うので、現在も酷くはないでしょうがそれなりの人見知りだと思います。

アントラーズではCBのコンビを組んでいる、関西人でノリの良い昌子源さんが良くしてくれて打ち解けていったようです。

そうなると海外移籍した場合チームに昌子さんみたいな人がいれば馴染みやすいのでしょうが、いない場合は時間がかかるかもしれませんが、年代別代表とかでもやれてきたので、やはり問題は言葉だと思います。

格闘技がかなり強い?

植田さん格闘技好きで、尊敬する格闘家は元PRIDEヘビー級王者のエメリヤーエンコ・ヒョードルさんです。

植田さん選手名鑑のサッカー選手になっていなければの問いに、格闘家と答えていました。格闘家と答えるからには強さに自信があるのでしょうね、どれくらい強いか検証してみました。

植田さんと言えばテコンドーを習っていたことが有名で、小学生で日本3位中学で世界大会に出場した実力です。

実は植田さんテコンドーだけでなく、柔道も結構できるそうです。打撃だけじゃなくて、投げ技に絞め技に関節技も出来ることになり死角がないです。

それに植田さん痛みにも強いんです、高校時代から現在までに顔には合計69針縫った痕があり、恐怖心は全くないそうです。

痛みに強くて恐怖心がないって凄いですよね、物凄い素質を持っていた格闘家のボブサップさんはビビリで痛がりだったので、格闘家として成功しませんでした……

チームメイトんの昌子さんが「一番(腕っぷしが)強いのはナオ(植田さん)」と言っています、この発言の一番はチーム内なのか、Jリーグでなのか気になりますがJリーグ屈指の強さは確実だと思います。

もしサッカー選手になっていなかったら、格闘家になっていた可能性ありますね。

まとめ

2017年の年俸は2,500万円

2017年4月にイタリア、12月にブンデス2部ウニオン・ベルリンが獲得を検討報道

海外志向が強い

人見知りで、すぐに打ち解けられないタイプ

テコンドーだけじゃなく、柔道も結構できる

痛みにも強く恐怖心がないファイター

関連記事です。
植田直通(うえだなおみち)の出身中学と高校は?髪型と名前の由来が気になる!
昌子源(しょうじげん)の高校と名前の由来は?年俸と海外移籍が気になる!
昌子源(しょうじげん)の結婚した嫁と折れた歯が気になる!父と母と姉や性格を調べた!
中村航輔の出身高校と代表選出が気になる!彼女と家族や年俸を調べた!
伊東純也(柏レイソル)の高校と大学が知りたい!年俸と足の速さが気になる!

スポンサーリンク

記事が気に入りましたらシェアお願いします。

フォローする