小松巧弥の中学と高校と家族が気になる!進路は日本体育大からNTT西日本に!

日本体育大学が現在かなり調子が良いです、2017年第93回箱根駅伝でもしかしたら番狂わせをおこすかもしれません。

今回は2017年箱根駅伝でダークホースになるであろう、日体大エース小松巧弥(こまつたくみ)さんを紹介したいと思います、小松さん高校時代は無名で大学に入っても直ぐに芽は出ませんでしたが、地道に練習と研究を重ねて日体大のエースにまで登りつめた努力の人です。

日本体育大学の小松巧弥さんの出身小学校に中学・高校と家族のこと、フォームオタクやラブライバー、卒業後進むNTT西日本について調べてみました。

Sponsored Link

プロフィール(経歴)

小松 巧弥(こまつ たくみ)
生年月日 1994年9月29日(22歳)
出身地 岡山県倉敷市
身長 170cm
体重 58kg
血液型 O

自己ベスト
5000m 13分49秒50
10000m 28分56秒20
ハーフ 1時間02分04秒

2010年全国都道府県対抗駅伝 倉敷南中 2区35位 9.09 岡山34位

出身小学校・中学校・高校は?

小学校は倉敷市立大高小学校、中学は倉敷市立南中学校です。

小中時代の情報は特にありません・・・
高校は岡山県立倉敷南高等学校です。

倉敷南高校時代は無名の選手でした、全国高校駅伝に一度も出場したことがありません。

日本体育大学へ!

日本体育大学体育科スポーツ教育領域に進学しています。

3大駅伝初出走は2015年の全日本大学駅伝、大学3年生にしての初出場でした。

小松さんの名前が全国に鳴り響いたのは、2016年の出雲駅伝でした強豪選手がひしめく1区で小松さんがトップで走り抜けて区間賞をとった大会です。

小松さん箱根駅伝のムック本で、自分のような無名だった選手が有名選手に勝つところが大学駅伝の面白さで、僕のテーマは下克上と語っていました、まさに小松さんが下克上を起こした大会でした。

小松さんの他に高校時代無名で大学に入って頭角を表した選手で代表的な方は、駒沢大学の工藤有生さんや青山学院大学の下田裕太さんなんかがそうです。

2016年全日本大学駅伝では、13位でタスキを受けて順位を8位に引き上げていますが区間6位の記録でした、しかし区間3位の拓殖大デレセさんと4秒差区間4位の日大ワンブィさんと2秒差の6位ですから悪くないと思います。

高校時代無名な選手から日体大のエースになった小松さん、2017年箱根駅伝では各校のエースが集まる花の2区を走る予定みたいです、箱根でどんな走りをするか楽しみです、もう一度下克上を起こして欲しいです。

上尾シティハーフマラソンと日体大記録会1万mで日体大学勢が好記録を連発しているので、箱根でかなりの好成績を残す可能性が高そうです、全日本大学駅伝の早稲田大学みたいになるかもしれません。

小松さん2017年の箱根駅伝のムック本2冊にダークホース日体、箱根3位以内!!と書いているのでかなり自身があるのでしょう。

2017年箱根駅伝では小松さん先頭集団の一番前に立ち集団を引っ張っていましたが、途中で遅れてしまって力を発揮できない悔しいレースになってしまいました。

出雲駅伝
2016年第28回大会 1区01位 23.23 日体大06位 区間賞

全日本大学駅伝
2015年予選会 2組01位 30.00.21 日体大07位
2015年第47回大会 1区14位 43.57 日体大12位
2016年第48回大会 2区06位 38.45 日体大13位

箱根駅伝
2015年予選会 10位 59.44 神奈川03位
2016年第92回大会 3区08位 日体大1.04.28 日体大07位
2017年第93回大会 1区13位 日体大1.04.32 日体大07位

facebookの自己紹介に小松さんこんなことを書いてます。

小松巧弥(たくみ)です。陸上バカです。倉敷南高校→日体大という未知の進路を開拓中です。体育大学生なのに、運動オンチです。今まで体力テストでAはおろか、体育で5も取ったことがありません…よく入学できたな!
ぼっけぇ強い選手になってやる!どんなに練習がキツくても、走ってるときの楽しさは忘れないよ、絶対!
引用:facebook

小松さんが書いている事が本当ならあまり運動が得意ではないそうですが、流石に運動オンチではないと思いますが、やり方次第では大学トップレベルの陸上長距離選手になれるのですから面白いです。

運動オンチのこと昔は運痴(うんち)と呼んでたみたいですが、現在ではほとんど使われないですよね?今だと運動神経がないとかでしょうか。

Sponsored Link

フォームオタク!

小松さんフォーム・オタクと言えるほど、フォームについて内外の文献を読み、自分の走りなどで検証するなどして試行錯誤を繰り返して理想のフォームを探しているようです。

素人なのでわからないのですが、走る時のフォームって簡単に変えられるものなのでしょうか?フォームを固定するのに時間がかかりそうに思えるのですが、どうなんでしょね。

小松さん将来良い指導者になりそうな気がします、指導する一人ひとり本人にあったフォームとかを選んであげたら、記録とか凄い伸びそうですよね。

チームメイトの下りのスペシャリスト秋山さんも下りのオタクです、フォームオタクの小松さんと共通するところがあるので仲が良かったりするのでしょうか気になります。

小松さんの夢は東京五輪にマラソンで出場することです、現在は長い距離をいかに楽に走るかということを研究していて、マラソンの練習も始めているそうです。

長い距離をいかに楽に走るかというテーマで研究っていかにも小松さんらしいですね、見つかるといいですね究極のフォーム。

家族が気になる!

家族は両親と小松さんと妹・弟の5人家族みたいです。

お父さんお母さん共に陸上選手だったので、小松さん長距離の選手になりました。

小松さんには妹さんと弟さんがいて、ご本人が小松3兄弟と呼んでいます。

弟さんは岡山県立水島工業高等学校3年で陸上をやっています、弟さん小松さんにそっくりです、高3なので弟さんの進路が気になります。

妹さんも陸上をやっているみたいで、2016年11月6日全日本大学駅伝があった日に、妹さんは下関でフルマラソンを走り、弟さんは岡山県高校駅伝を走っています。

両親も元陸上選手で妹も弟も陸上をやっている、まさに陸上一家ですね、家族で反省会やアドバイスし合ったりとかしているのでしょうかね、そういうの良いですよね。

ラブライバーでコーヒー好き?

小松さんラブライバーのようです、2016年の箱根駅伝公式ガイドブックと完全ガイドの選手名鑑に、趣味・特技、憧れのヒーロー欄にラブライブと書いていました。

帰省前に秋葉原でラブライブのグッズを買っていたことをツイッターに書いていましたので、ラブライバー決定でしょう。

ラブライバーとは「ラブライブ!」ファンを表す名称です。

小松さん意外なのは、ツイッターでラブライブ関係はつぶやいていないことです、順天堂大学の塩尻さんや青学の下田さんはツイッターでつぶやきまくっています。

もしからたら別垢でつぶやいてるのかもしれませんが、小松さんツイッターではよくコーヒーのことを書いてます、かなりのというより物凄いコーヒー好きのようです。

進路はNTT西日本へ!

小松さん日体大を卒業後の進路は、NTT西日本陸上競技部に進むことが決まっています。

NTT西日本陸上競技部は2002年に1度活動を休止しましたが、2004年にNTT西日本のシンボルチームとして再創部されています。大阪府を拠点として活動。

再創部以前の出場回数も入れますと、NTT西日本はニューイヤー駅伝出場51回(2016年現在)もしている古豪です。
所属選手一覧

まとめ

倉敷市立大高小学校→倉敷市立南中学校

岡山県立倉敷南高等学校出身、高校時代は全くの無名で全国高校駅伝出場経験なし

日本体育大学体育科スポーツ教育領域へ進学

初の三大駅伝出走は3年時の2015年全日本大学駅伝

2016年出雲駅伝1区で区間賞

フォームオタク

父と母が元陸上選手、弟と妹も陸上をやっている

ラブライバーでコーヒーが好き

卒業後の進路はNTT西日本

関連記事です。
秋山清仁の出身高校と中学が知りたい!進路は日体大から愛知製鋼へ!
小町昌矢(日本体育大学)の出身小学校・中学・高校は?イケメンだけど弟が気になる!
鈴木健吾(神奈川大)は宇和島東高校出身で中学は?マラソン向きの性格!
山藤篤司(神奈川大)の高校と中学はどこ?タスキを投げて失格の過去?
パトリック・マテンゲ・ワンブィ(日本大学)の出身中学と高校は?日本に来た理由は?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする