松田瑞生(ダイハツ)の出身小学校・中学・高校は?家族と性格やツイッターを調べた!

今女子長距離陸上界で注目の1人がダイハツの松田瑞生さんです、まだ20代前半とまだまだ成長する可能性を秘めた原石です。

2017年の日本選手権1万mでは昨年のリベンジを達成し初優勝し、ロンドンで行われた世界選手権にも出場しました。

ダイハツの松田瑞生(まつだみずき)さんの出身小学校・中学・高校を調べて、家族と性格やツイッターと腹筋のことを書いてみました。

Sponsored Link

プロフィール(経歴)

松田 瑞生(まつだ みずき )
生年月日 1995年05月31日(22歳)
出身地 大阪府
身長 158cm
体重 46kg
血液型 A型

自己ベスト
1500m 4分21秒45
3000m 9分08秒23
5000m 15分46秒40
10000m 31分39秒41
ハーフ 1時間10分25秒
マラソン 2時間22分44秒

出身小学校と中学は?

松田さんの出身小学校は、大阪市住吉区にある大阪市立遠里小野小学校です

遠里小野小学校出身の有名人には、オタキングこと評論家の岡田斗司夫さんがいます。

中学は、大阪住吉区にある大阪市立大和川中学校。

中学の時に都道府県対抗駅伝に出場して3区を区間4位で走っています。

全国女子駅伝
2011年都道府県対抗駅伝 大和川中 3区04位 09:35 大阪10位

高校は大阪薫英女学院高校!

出身高校は、大阪府摂津市正雀一丁目にある大阪薫英女学院高等学校(おおさかくんえいじょがくいんこうとうがっこう)です。

大阪薫英女学院高校出身の有名人はスポーツ選手が多いのですが、意外なところで元宝塚の女優涼風真世さんや、女優の谷村美月さんがいます。

大阪薫英女学院高校は駅伝の強豪高校です、全国高校駅伝にも12年連続12回出場(2017年)しています。

松田さんは全国高校駅伝3年連続走っていて、2年生の時に2区で区間賞を獲得。

陸上部の先輩に大森菜月さん後輩に髙松望ムセンビさんがいます。

2013年の都道府県対抗駅伝で7区を走り区間賞を取っています、全国高校駅伝でもそうですが47人出走するレースで区間賞を取るのは凄いことだと思います。

全国高校駅伝
2011年全国高校駅伝 2区10位 13:21 薫英09位
2012年全国高校駅伝 2区01位 13:00 薫英01位 区間賞
2013年全国高校駅伝 1区09位 19:36 薫英08位

全国女子駅伝
2012年都道府県対抗駅伝 薫英 7区02位 12:46 大阪01位
2013年都道府県対抗駅伝 薫英 7区01位 12:23 大阪03位 区間賞
2014年都道府県対抗駅伝 薫英 4区11位 13:09 大阪09位

ダイハツへ!

高校卒業後は、地元の実業団チームダイハツへ進みました。

数チームから誘いがあって、熟考してダイハツを選んだそうです。

ダイハツでは入社1年目からクイーンズ駅伝に出場しています、いきなりアンカーを任されるなんて凄いですよね。

2016年3月に世界ハーフマラソン大会に日本代表として出場しています、この大会17位でした。

リオデジャネイロオリンピックの代表選考会でもあった、6月の日本選手権1万メートルでは4位となり、惜しくもリオ五輪代表を逃してしまいました。

2017年6月23日世界選手権ロンドン大会の日本代表選考会も兼ねた日本選手権10000mでは、リオ五輪を逃したレースで引き離されて負けた鈴木亜由子さんと最後の最後まで競い合い、ラストスパートで引き離し日本選手権初優勝をしています。

この優勝はめちゃくちゃ嬉しかったでしょね、昨年のリベンジもできましたし初優勝で日本代表にもなれたのですから。

2017年10月に行われたプリンセス駅伝では3区で10人抜きを見せてチームを3位に押し上げる見事な走りを見せてくれました。

テレビで見てましたがすごい走りでした、二桁人数を抜くってめったにないことです、見ていても気持ちいいですよね。

クイーンズ駅伝
2014年クイーンズ駅伝 6区04位 21:32 ダイハツ02位
2015年クイーンズ駅伝 3区11位 35:19 ダイハツ13位
2016年プリンセス駅伝 3区01位 33:04 ダイハツ10位 区間賞
2016年クイーンズ駅伝 3区08位 35:20 ダイハツ16位
2017年プリンセス駅伝 3区03位 34:10 ダイハツ03位
2017年クイーンズ駅伝 3区07位 36:15 ダイハツ03位

全国女子駅伝
2015年都道府県対抗駅伝 ダイハツ 9区11位 33:10 大阪01位
2016年都道府県対抗駅伝 ダイハツ 9区10位 32:27 大阪12位
2017年都道府県対抗駅伝 ダイハツ 9区05位 32:20 大阪12位

Sponsored Link

2018年大阪国際女子マラソン優勝

2018年01月28日に行われた大阪国際女子マラソンで、初マラソンだった松田さんが2時間22分44秒の好タイムで優勝しました!!東京五輪代表選考会グランドチャンピオンシップ(GC)の出場資格も獲得しています。

先頭集団についていた松田さん、日本人3人とペースメーカーだけになった25km付近で前田穂南さんが抜け出しますが松田さんも安藤友香さんも追いかけませんでした、少し経ってから松田さんが追いはじめ力強い走りで31kmあたりで前田さんに追いつき追い抜き、その後は独走状態になりそのままゴールしました。

松田さんの出した2時間22分44秒は日本女子マラソンで歴代9位・初マラソン歴代3位という素晴らしい記録です、初マラソンでこれだけの走りですから、今後の走りに期待していまします。松田さんおめでとうございます。

ライバルの安藤友香さんが20km手前で給水ボトルを取るのに失敗した時に、自分のボトルを手渡したのかっこよかったです、ネットじゃ優勝フラグじゃないかとの声もありました。

松田さんは見てしまった以上放っておけなかった、正々堂々と戦いたかったそうです。

松田さんカッコよすぎです、頭で思ってもなかなかできることではないと思います。

マラソン成績
1 2018年01月28日 大阪国際女子マラソン 1位 2時間22分44秒

家族は?

松田さんの家族構成を調べてみました。

松田家は父・母・姉・妹・弟の6人家族のようです。

お父さんは会社員?お母さんの明美さんは自宅で鍼灸治療院をやっていて、大きな大会の前には針で身体をほぐしているそうです。

お姉さんはよく瑞生さんのことをつぶやいてます、妹さんと弟さんがいて、弟さんとはかなり年が離れているようです。


松田家家族全員仲がよく、凄い楽しそうな雰囲気がツイッターを見ていると伝わってきます。
松田さんのキレキレダンス。

性格は?

明るく負けず嫌いな性格。

負けず嫌いはかなり凄くて、練習でもチームメイトに負けて終わると、その場から立ち去るほど悔しさを表に出したりするくらいです。

日本人で悔しさを表に出す人って珍しいですよね。

腹筋が凄い!

松田さんを語る上で外せないのが見事な腹筋だと思います、アメリカ人も驚く腹筋凄いです。

腹筋は薫英女学院時代から鍛えていたそうで、10種類の腹筋を1時間以上かけて、最低計500回やっていて、毎朝腹筋のチェックを欠かさず行っているそうです。

1年前の雑誌には腹筋1日1,000回やっており、「体重47キロはあまりかわらないが、身体がどんどん引き締まっている感じがある」と載ってました。

最近の報道によりますと10種類のメニューで1日1時間半から2時間、腹筋を2,000回多い時は3,500回もするそうです。

腹筋を鍛える理由は、きつくなっても上体が反り返らず顎も上がらなくなるからです、腹筋だけじゃなくトレーニング量も人一倍やっています、それだけ頑張れば結果ついてきますよね。

松田さん腹筋美人ですよね、かわいいと皆さんいいますが、松田さんは可愛いというより美人だと思います。

腹筋

2018年の腹筋

2017年の腹筋回数トータル21万9520回、約22万回の腹筋回数も凄いですが回数を覚えているのも凄いと思います。

ツイッターを調べた!

松田さんのツイッター(Twitter)適当に目を通してみて、気になったのを紹介します。

松田瑞生さんのツイッターはこちら。

松田瑞生さん名前をよく間違えられると言っています、と間違えられるようですね。

希と生を間違えるのが多いのかなと思ってました。

一日署長

松田さん今まで生きてきて虫歯になったことがないそうです、虫歯ができにくい方いるとは知っていましたが、松田さんがそんな体質だなんて羨ましいです。

アスリートにとって歯は命ですから、虫歯ができないの物凄い良いことですよね。

まとめ

出身小学校は、大阪市立遠里小野小学校です。

中学は、大阪市立大和川中学校。

高校は大阪薫英女学院高校で、3年連続全国高校駅伝出場

高校卒業後は実業団のダイハツへ

凄い腹筋は高校時代から鍛えていて、1日500回~1,000回やっている。

家族は、父母姉妹弟の6人家族

明るく負けず嫌いな性格


ライバルの鈴木さんと他の長距離の選手達の記事です。
鈴木亜由子は名古屋大学出身で中学と高校はどこ?実家や家族を調べた!
前田彩里(ダイハツ)の高校・大学や彼氏と父母が気になる!マラソンと駅伝の記録も調べた!
上原美幸(第一生命)の出身小学校・中学・高校は?性格と龍角散が気になる!
関根花観(はなみ)の出身小学校・中学・高校は?母親が凄い人だった!

スポンサーリンク

記事が気に入りましたらシェアお願いします。

フォローする