館澤亨次(たてざわりょうじ)は埼玉栄高校から東海大へ!出身小学校・中学と急成長の理由は?

2016年大学駅伝の話題に中心は青山学院大学の2冠と東海大学のスーパールーキーズだったと思います。

東海大学のスーパールーキーズの駅伝デビュー戦出雲駅伝の走りのインパクトは強烈でした。スーパールーキーズでは關颯人(せきはやと)さんや、鬼塚翔太さんが目立っていますが、館澤亨次さんだって負けていません。

負けているどころか出雲駅伝と全日本大学駅伝の成績だとロードでは今のところ世代NO.1だと思います、出雲駅伝2区区間2位全日本駅伝3区を区間賞と1年生とは思えない走りです。

東海大学のスーパールキーズの一人、館澤亨次(たてざわりょうじ)さんは埼玉栄高校から東海大へ入学しました、出身小学校・中学や大学に入り急成長した理由を調べてみました。

Sponsored Link

プロフィール(経歴)

館澤 亨次(たてざわ りょうじ)
生年月日 1997年05月16日(20歳)
出身地 神奈川県横浜市
身長 172.2cm
体重 60kg
血液型 A型

自己ベスト
5000m 13分48秒89
10000m 29分50秒67

全国男子駅伝
2013年全国都道府県対抗駅伝 中山中 2区20位 08.46 神奈川38位
2015年全国都道府県対抗駅伝 埼玉栄 1区06位 20.14 埼玉01位
2016年全国都道府県対抗駅伝 埼玉栄 1区06位 20.13 埼玉03位
2017年全国都道府県対抗駅伝 東海大 3区02位 24.24 神奈川21位

出身小学校・中学は?

出身小学校は横浜市立緑小学校です。

館澤さんが陸上を始めたのは小学校4年生の時です、学校の陸上クラブに入り始めました、小学生の頃は50m走ではクラスの中の中くらいの速さだったそうです。

増田明美さん情報ですが、大学生になった現在の館澤さん100mを11秒台で走るそうです、長距離も速くて短距離も速いなんて凄いですよね、どんな筋肉しているのでしょうかちょっと触ってみたいです。

中学は横浜市立中山中学校出身です、卒業生にパフィーの大貫亜美さんがいます。

埼玉栄高校

高校は埼玉栄高等学校です。

館澤さん2年と3年の時にインターハイ5000mに2年連続で出場していますが、2年連続予選落ちしてしまいます

埼玉栄では1年生の頃から主力として結果を残してきましたが、3年生で主将になりチームを引っぱっていくこととなり、そのプレッシャーから記録が伸び悩んだそうです。

館澤さん明るい性格でムードメーカーということなので、そういうプレッシャーを感じるタイプではないと思っていたので意外でした。でも凄くいい経験をしたと思います、大学で上級生になった時にきっとこの経験が生きると思います。

3年連続全国高校駅伝に出場しています、3年生の時は駒沢大学に入学した中村大聖(たいせい)さんとでダブルエースを形成していました。

東海大学では館澤さん鬼塚さん關さんでトリプルエースでしょうかね。

全国高校駅伝
2013年全国高校駅伝 2区07位 08.16 埼玉栄25位
2014年全国高校駅伝 1区07位 29.51 埼玉栄03位
2015年全国高校駅伝 1区06位 29.33 埼玉栄19位

東海大学へ

東海大学体育学部競技スポーツ学科に進学しています。

館澤さんの学生駅伝のデビュー戦は出雲駅伝でした、出雲駅伝で東海大学は1区~3区まで1年生を並べるという攻めの布陣で挑み、ルーキーズは監督の起用に見事に応え東海大学は3位となっています。1年生区間を2位→2位→1位と1時はトップに立つほどの走りを披露しています。

館澤さんは2区を走り区間2位で走りチームに貢献しました、出雲を好走できたことが自信につながったそうです。

全日本大学駅伝では更に素晴らしい走りをしました、3区で前後に他チームがいない中を1人で最後まで自分でペースを落とさずに走りきり区間賞を獲得し、チームを12位から8位に順位を押し上げています。

区間賞を獲得したことに館澤さん驚いています、全国大会で区間賞を獲得できたことがなかったので、今でも信じられないそうですw

Sponsored Link

急成長した理由は?

高校時代の成績もお世辞にも凄いとは言えるレベルではありませんでした、そんな館澤さんが東海大学に入り全日本大学駅伝で区間賞を獲るまでにどうやって成長したのでしょうか?

東海大学入学当初は練習についていけずに、先輩はおろか同級生にも引き離されることが多かったそうですが、館澤さんは食らいついて走り続けていたそうです。

そんな中両角監督やチームのみんなが的確なアドバイスをしてくれたそうです、さらには東海大学の充実した施設や日本最先端のトレーニングで練習をしていたら、夏合宿の頃には練習を引っ張るようにまでなっていたそうです。

なぜ東海大学に優秀で将来性のある高校生が入学するのかは、館澤さんが経験したことそのものなんです。

選手育成に定評がある両角監督の存在と日本最先端のトレーニングと充実した練習環境が、ものすごく魅力的なんです。

2017年も東海大学に2016年の全国高校駅伝1区の上位3人が入学することが決まっています、このままだと数年後に東海大学の黄金時代が始まることでしょう。

2017箱根駅伝

2017年93回箱根駅伝で館澤さんは山登りの5区を走るのではないかと言われています、館澤さん本人も5区を走りたいと言っていますので1年生から走れたら嬉しいでしょうね。

山登り得意らしいですし、それに館澤さん凄いことに最大酸素摂取量が、三代目山の神こと神野大地さん(現コニカミノルタ)に匹敵するそうなんです!!

これは5区を走るとしたら物凄く期待できそうです、館澤さん4年生の時には山の神になれるようになりたいといという目標がありますが、もしかしたら1年生の時から山の神になってしまうかも!?

3連覇&3冠がかかっている王者青山学院大学の原監督も言っていますが5区に不安を抱えているようなので、館澤さん山の神とまでいかなくてもかなりの走りをしたら東海大学はかなり良い順位になるのではないでしょうか、期待しています。

館澤さん5区を走りましたが区間13位と山の神になれませんでした、5区の最初を良いペースで入りこれはいけるのではと思ったのですが、途中で疲れてしまったようです。

2017年第22回全国都道府県対抗男子駅伝で3区を走り区間賞だった福岡県の鬼塚さんに1秒差の2位タイでした、一人同じタイムの方がいますが東海大学のスーパールーキーでワンツーフィニッシュ凄いです。

出雲駅伝
2016年第28回大会 2区02位 16.34 東海03位

全日本大学駅伝
2016年第48回大会 3区01位 27.15 東海07位 区間賞

箱根駅伝
2017年第93回大会 5区13位 1.15.54 東海10位

まとめ

出身小学校は横浜市立緑小学校、中学は横浜市立中山中学校

小4の時に陸上を始めた

100mを11秒台で走る

高校は埼玉栄高等学校、3年連続全国高校駅伝出場

東海大学体育学部競技スポーツ学科に進学

デビュー戦の出雲駅伝2区を走り区間2位

全国大会で区間賞を獲ったことなかったが、全日本大学駅伝では3区で区間賞を獲る活躍

両角監督とチームメイトからのアドバイスと日本最先端のトレーニングと施設が急成長の理由

2017年の箱根駅伝は5区を走り山の神になる?

関連記事です。
鬼塚翔太(東海大)の出身小学校・中学・高校は?茶髪だからハーフ?
関颯人(せきはやと)の出身中学と高校は?東海大を選んだ理由と關を調べた!
両角速監督(東海大)の経歴と箱根駅伝の成績!嫁や息子が気になる!
川端千都(東海大)の名前の読みは?綾部高校出身で退部しちゃうの?
上田健太(山梨学院大)の経歴と箱根駅伝の記録!父や祖父・家族を調べた! 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする