服部勇馬(トヨタ自動車)の経歴や駅伝の成績は?弟と妹と名前の由来を調べた!

この記事は4分で読めます

sports-215049_640

 

東洋大学時代は1年から主軸として箱根駅伝等の駅伝で活躍し、2016年東京マラソンでマラソンデビューした服部勇馬さん。

惜しくもリオオリンピック代表にはなれませんでしたが、2020年の東京オリンピックで代表としての活躍が期待される若手のホープです。

 

そんな期待の若手、トヨタ自動車所属の服部勇馬さんの経歴に駅伝の成績から、弟と妹たちの事と名前の由来を調べてみました。

Sponsored Link

プロフィール(経歴)

服部 勇馬(はっとり ゆうま)
生年月日 1993年11月13日(23歳)
出身地 新潟県十日町市
身長 176cm
体重 61kg
血液型 O型

自己ベスト
1500m 3分51秒45
3000m 8分13秒13
5000m 13分36秒76
10000m 28分09秒02
ハーフマラソン 1時間03分37秒
30km 1時間28分52秒 (※日本学生記録)
マラソン 2時間11分46秒

全国男子駅伝
2008年全国都道府県対抗駅伝 中里中 2区37位 09.12 新潟45位
2009年全国都道府県対抗駅伝 中里中 2区04位 08.35 新潟20位
2014年全国都道府県対抗駅伝 東洋大 3区02位 23.54 新潟21位

 

小学校は十日町市立田沢小学校、中学は十日町市立中里中学です。

勇馬さん小学校時代はサッカーに夢中でしたが、中里中学にはサッカー部がなかったので、お父さんの影響と走るのが得意だったので陸上部に入部しています。冬場はスキーをしていたので、それにより脚力が鍛えられました。

中3の時に全日中1500m7位や都道府県駅伝2区4位の成績を出したことで、当時の仙台育英高校の監督だった清野純一さんに誘われて、高校は仙台育英学園高等学校に進学しています。

高校に入学して初めは生活面で苦労したそうです、地元と親元を離れての暮らしですから苦労しますよね、そういう経験があって人間強くなっていきます。

高2の時に10,000mで高2歴代2位の記録を出し、高3のインターハイでは5000mで日本人2位の5位に入ったりと順調に力を付けていきました、全国高校駅伝では3年連続出走しますが、

3年時に1区21位となりかなりショックを受けたそうですが、この経験があったのでその後の辛いことも逃げることがなかったと語っていました。人間負けたり失敗することで強くなっていくものなのですね。

 

全国高校駅伝
2009年全国高校駅伝 4区11位 24.17 仙台育英10位
2010年全国高校駅伝 1区03位 29.43 仙台育英04位
2011年全国高校駅伝 1区21位 30.39 仙台育英12位

 

 

東洋大学時代!

大学は東洋大学経済学部経済学科に進学するのですが、東洋大学を選んだ理由の1つに、11年春に1500mで福島の選手に負けた時に酒井監督に「東日本大震災の影響で、練習を積めない選手に負けたんだぞ」と声を掛けられて、この監督の下ならと思ったようです。

大学では1年生から主軸となり、学生三大駅伝では中止の出雲駅伝以外の全ての駅伝に出場し5回区間賞を獲得、2014年第90回箱根駅伝と2015年出雲駅伝で優勝しています。

2016年2月の東京マラソンでマラソンデビュー、一時日本人トップに立ちますが40km付近で失速し12位(日本人4位)となっています。

 

 

大学駅伝の成績

出雲駅伝
2012第24回大会 3区02位 23.36 東洋02位
2013第25回大会 5区01位 17.54 東洋02位 区間賞
2014第26回大会 台風により中止
2015第27回大会 2区03位 43.11 東洋04位

全日本大学駅伝
2012第44回大会 8区06位 59.28 東洋02位
2013第45回大会 2区04位 08.23 東洋02位
2014第46回大会 2区01位 38.12 東洋04位 区間賞 
2015第47回大会 1区01位 07.34 東洋01位 区間賞

箱根駅伝
2013年第89回大会 9区03位 1.11.02 東洋02位
2014年第90回大会 2区03位 1.08.43 東洋01位
2015年第91回大会 2区01位 1.07.32 東洋03位 区間賞
2016年第92回大会 2区01位 1.07.04 東洋02位 区間賞

Sponsored Link

 

トヨタ自動車へ

 

大学卒業後は、複数のチームから誘いがありましたがトヨタ自動車に入社しています。

トヨタ自動車陸上長距離部は愛知県田原市を本拠地として活動していて、創部は1985年。

ニューイヤー駅伝(全日本実業団対抗駅伝競走大会)で、2011年・2015年・2016年と優勝している強豪チームです。

調べていて2016年のニューイヤー駅伝勇馬さん出ていないのは何でかな怪我かなと思ったのですが、よく考えたらまだ大学生だったんですよねw卒業してないし箱根出てるんですから走れるわけないんですよw2017年のニューイヤー駅伝が楽しみです。

 

勇馬さん2015年の箱根駅伝公式ガイドブックに趣味はパワースポット、観光スポット巡りとあります、2016年の公式ガイドではスノーボードとありました。

パワースポットと観光スポット巡りが趣味って勇馬さんの意外な面を見た気がします、東京周辺は観光スポット沢山あるのでどこ行こうか考えるだけで楽しかったでしょうね。

あと影響を受けた人物・選手にサッカー日本代表の香川真司さんを挙げていました、これは昔サッカーをやっていた影響でしょうか。

 

弟と妹を調べた!

勇馬さん弟2人妹1人の4人兄妹です。

次男の弾馬(はずま)さんは、現在東洋大学4年生で大学最速ランナーの一人です、卒業後は愛知県名古屋市に本社を置く中部電力グループのトーエーネック陸上競技部に加入が決まっています。

兄弟揃って愛知県のチームに入るというのは何か因縁めいたものを感じます。

 

三男は風馬(ふうま)さんは高校を卒業して実家の家業を継ぎました、高校を卒業後陸上競技を引退しましたが現在はまた再開したようです。

実家の家業の後継者問題で優馬さんかなり葛藤したそうですが風馬さんもめちゃくちゃ悩んだでしょうね、今回の家業を継ぐ事を決めたのは英断です、優馬さんと弾馬さんは風馬さんの為に東京オリンピック代表なってほしいですね。

 

長女は葉月さん現在中学生で、中学では陸上競技をやっています。服部家唯一の女の子ですから、上の三人からは物凄い可愛がられていることが想像できます。

 

名前の由来は!

お父さんの服部好位(よしのり)さんが、子どもたちの名前の由来について語っていました。

実家で馬を飼っていたことがあったそうで、「優しい目をしているのに勇ましい」ので、3兄弟の名前に馬を入れたそうです。

さすがに女の子の名前に馬を入れるのは無理だったみたいですね、葉月さんの名前由来は8月生まれだからとかでしょうか?

 

まとめ

小学校は十日町市立田沢小学校、中学は十日町市立中里中学

中学にサッカー部がなくて陸上部に入った

高校は仙台育英学園高等学校、3年連続全国高校駅伝に出場

大学は、東洋大学経済学部経済学科

4年間で学生三大駅伝に全部に出走、区間賞5回

2016年東京マラソンで日本人4位

大学卒業後は、実業団の強豪・トヨタ自動車陸上長距離部

弟2人妹1人の4人兄妹

名前の由来は、実家で飼っていた馬から

 

 

関連記事です。
服部弾馬の兄弟や両親と実家が気になる!進路はトーエネック!
酒井俊幸監督(東洋大)の経歴と箱根駅伝の成績!結婚と子供と家族が気になる!
一色恭志(青山学院大)の経歴と箱根駅伝の成績!進路はGMOに決定!
塩尻和也(順天堂)の出身中学と高校が知りたい!実はラブライバーでガルパニスト?
関颯人(せきはやと)の出身中学と高校は?東海大を選んだ理由と關を調べた!

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. sports-ground-609715_640
  2. marathon-1649905_640
  3. rikujou_man_marathon
  4. a0002_010274
  5. dsc_1340
  6. b0090_800x600
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。