原晋監督(青山学院)の経歴と伝説の営業マン時代は?結婚したのは美穂さん!

この記事は4分で読めます

sports-ground-609715_640

 

青山学院大学を箱根駅伝を連覇するなど大学駅伝界の強豪に育て上げた、青山学院大学の原晋監督。

箱根駅伝優勝以後は原晋監督のテレビ等のメディアへの出演が増えました、原監督とにかくインタビュー等の受け答えがかなり上手です、今では公演の依頼も沢山舞い込んでいると聞きます。

 

そうなると原晋監督の過去の経歴など何をやっていた方なのかなどが気になると思います、そこで青山学院大学の原晋監督の経歴と伝説の営業マン時代のことと、結婚した嫁さんはどんな人が調べてみました。

Sponsored Link

 

プロフィール(経歴)

原 晋(はら すすむ)
生年月日 1967年3月8日(49歳)
出身地 広島県三原市
身長 176cm
体重 81kg

広島県立世羅高等学校
中京大学
中国電力
青山学院大学陸上部監督

 

原晋監督は広島県三原市糸崎町の出身です。

幼少の頃から活発で運動万能な子供でした、小学校4年生の時に怪我をしてそのリハビリの為にジョギングを始めたのが、陸上競技との出会みたいです。

中学から陸上の長距離を始め、高校は駅伝の強豪高校の世羅高校に進学、1984年3年生の時に主将として全国高校駅伝の4区を走り区間2位で順位を6つ上げて2位入賞に貢献しています。

大学は中京大学に進学し、大学3年生の時に日本インカレ5000メートル3位に、本人はたまたま3位と言っています。

原晋監督が中京大学を選んだ理由は、高校時代はキビシク管理されていて、それが嫌でノビノビできる環境の大学に行きたかったのと、

その頃は箱根駅伝がテレビ放送されていなかったので、箱根駅伝に出たいという気持ちもなく、お父さんが教員だったこともあり体育教師になればという気持ちで中京大学を選んだそうです。

大学時代は教員免許を取るなどしましたが競技に本気で取り組んでおらず、もう少し真剣に陸上競技をやっていればと今は後悔しているそうです。

 

伝説の営業マン時代!

 

大学卒業後は陸上部を創部した中国電力に一期生として入っています、当初の部員数は5名。1年後に坂口泰監督が就任して本格的に活動がはじまります。

1993年に全日本実業団駅伝に初出場して走っています、1年目から故障したり全日本のあとにも故障をして、入社5年目の27歳の時に引退。

現役を引退した後は陸上とは全く関係ない仕事を10年間しています、オール電化住宅の普及促進をした時は営業の新規開拓をしたり、約一千万円の省エネ空調設備「エコアイス」を社内で一番売り上げたり、

最後の3年間は原晋監督を含む5名で立ち上げた会社を従業員100人が超えるまで大きくしたりと、まさに「伝説の営業マン」です、ご本人があるインタビューで正確には「伝説の提案型営業マン」と書いて欲しいと言っていました。

Sponsored Link

 

青山学院監督!

 

2004年36歳の時青山大学陸上部監督に就任。

監督コーチの経験もなく縁がない大学の監督の話が来たのは、世羅高校時代の後輩で青山大学陸上部OBの橋渡しがあったからです。

この時の監督就任のオファーに原晋監督大いに悩んだそうです、3年の嘱託契約で将来の保証はなく、仕事は順調だし家は買ったばかり、周りからは反対も受けましたが、お母さんだけが「やるからには日本一になりなさいと」送り出してくれたそうです。

そりゃ悩みますよね、家も立てて仕事も順調なんですから、成功するかわからない監督業に挑戦していいのかと。

 

就任前のお偉いさんが集まる経営者会議で「箱根駅伝に3年で出場、5年でシード権、10年で優勝争い」という約束をしたために、

就任3年目約束の箱根駅伝への出場を逃しチームは空中分解、なんとか1年契約延長し2007年の予選会を次点で箱根駅伝出場を逃しますが、その実績を評価されて大学職員に昇格したそうです。

2008年第84回箱根駅伝で学連選抜の監督として4位になったことにより、第85回大会への出場大学が増えることに。

この出場大学が増えたことによって2009年第85回箱根駅伝に出場できることになり、監督就任5年目にして青学を33年ぶりの箱根駅伝出場させました。

その後は原晋監督の強化策が徐々に実を結び、2010年第86回大会では8位で41年ぶりのシード権獲得し、2012年の出雲駅伝で初優勝。

そして2015年第91回箱根駅伝では創部97年目にしての初の総合優勝、2016年の第92回大会では総合完全優勝というおまけ付きで2連覇を達成しています。

2017年の箱根駅伝は青学の箱根3連覇と史上3校しか達成したことがない学生三大駅伝の3冠がかかっています、青学の力が抜けていますが勝負事ですからどうなるかわかりません、原監督の采配で優勝の確率を高めていくしかありません。

2017年の箱根駅伝楽しみにしています。

 

作戦名

2015年作戦名
箱根駅伝「ワクワク大作戦」

2016年作戦名
箱根駅伝「ハッピー大作戦」
出雲駅伝「神ってるぞ青山大作戦」
全日駅伝「エビフライ大作戦」

2017年
箱根駅伝「サンキュー大作戦」

 

今年は3大駅伝の3冠 3連覇、私自身、箱根9度目のチャレンジということで、サンキュー大作戦のようです、3が3つで9上手にかかってます。

ハッピー大作戦名は町田にある2軒ある銭湯の湯につかって考え、サンキュー大作戦は町田の寮のお風呂で考えたそうです。

 

結婚したのは美穂さん!

 

原晋さんの結婚した相手は、美穂さんです。

1995年に美穂さんと結婚しました、監督27歳美穂さん26歳の時です、2人の間にお子さんはいません。

原監督と美穂さんは、青山学院大学町田寮の立ち上げの時から寮に住み込み、美穂さんは寮母として学生たちの生活をサポートしています。

青山学院の明るいチームの雰囲気は美穂さんの存在が大きいそうです。

美穂さん運動は全くダメなそうですが、2016年の東京マラソンに参加して完走しています。

 

まとめ

 

高校は駅伝の強豪・世羅高校

大学は中京大学

中国電力陸上部創部の時のメンバー、27歳で引退

引退後は「伝説の提案型営業マン」として名を馳せる

2004年36歳の時に青山大学陸上部監督に就任。

2009年33年ぶりの箱根駅伝出場を獲得

2015年第91回箱根駅伝では創部96年目にしての初の総合優勝

2016年第92回大会では総合完全優勝というおまけ付きで2連覇を達成

結婚したのは美穂さん、青山学院大学町田寮の寮母をしている

 

 

関連記事です。

一色恭志(青山学院大)の経歴と箱根駅伝の成績!進路はGMOに決定!
下田裕太(青山学院)の出身高校は?アニメオタクだけど好きタイプは?
小野田勇次(青山学院大)の出身中学と高校はどこ?彼女はいるのか調べた!
安藤悠哉(青山学院)の出身高校と中学!進路の就職先と彼女は?
中村祐紀(青山学院)は大阪桐蔭高校で彼女は?趣味と弟が気になる!

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. rikujou_man_marathon
  2. h0011_800x600
  3. b0090_800x600
  4. runners-635906_640
  5. pp_torakkuhashiru_tp_v
  6. running-1018587_640
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。