両角速監督(東海大)の経歴と箱根駅伝の成績!嫁や息子が気になる!

2016年の大学駅伝は東海大学が面白い存在になりそうです、スーパールーキーと呼ばれる1年生達がたくさん入ってきて、それに2016年の箱根駅伝で5位だったメンバーが結構残っているのでかなり期待できそうです。

面白い存在になりそうな東海大学の監督をしている両角速さんが気になり、両角速(もろずみはやし)監督の経歴と箱根駅伝での選手と監督しての成績と、結婚した嫁さんと息子さんの事を調べました。

Sponsored Link

プロフィール(経歴)

両角 速(もろずみ はやし)
生年月日1966年7月5日(50歳)
出身地 長野県茅野市

両角さん幼少の頃からスポーツが得意で、小学校の頃にはすでに将来は体育教師になるという夢を持っていたそうです。

中学で陸上部に入り高校は東海大三高校へ進学、東海大三高校ではインターハイに出場。

そして体育学部がある付属の東海大学へ進みます、この時の両角さん「どうしても箱根を走りたいという強い思いがあったわけではない」そうですが、両角さんの東海大進学と同時に赴任した名将・新居利広監督の教えの下で着々と実力を付けて、4年間箱根を走りシードを守り続けました。

卒業後は実業団の日産自動車、移籍してダイエーでマラソン選手としてオリンピックを目指しました。

佐久長聖高校監督時代!

28歳の時に佐久長聖高校から高校駅伝の監督への声がかかります、2年後にはアトランタ五輪があり悩みますが、体育教師になる夢を思い出し監督の話を受けることにしています。

1995年4月から佐久長聖高校監督に就任、就任当初は部員が2人で専用グランドもない状態からのスタートでした。

グラウンドにする土地はあったのですが、埋蔵文化物が眠っているので平らに出来ないということなので、両角監督は1周600mのクロスカントリーコースを手作りしました。

グランドで行う練習をクロスカントリーのコースで行ったら、その効果は凄く素人同然の選手が5000mを14分台で走れるようになったそうです。

グラウンドがなかったことで作ったクロスカントリーのコースが選手強化に役立つなんて、「災い転じて福となす」ですね、それにしてもコースを自分で作ってしまうなんて凄すぎです。

チームは着実に力をつけて、創部4年目に全国高校駅伝に出場し4位の成績を記録、1998年から2010年まで13回連続出場し12回入賞、創部14年目の2008年には全国優勝をさせて、全国有数の強豪校にしています。

佐久長聖では、佐藤清治・上野裕一郎・佐藤悠基・村沢明伸・大迫傑らの一流ランナーを育て上げました。

東海大学監督時代!

2011年4月東海大学陸上競技部駅伝監督に就任、長野を離れたくない気持ちが強かったそうですが、東海大やOBから「もうお前しかいない」と言われて承諾しました。

就任から半年後、大学の敷地内にウッドチップのクロスカントリーのコースが作っています。ウッドチップのコースを作るなんて両角監督大学側からかなり期待されているのですね。

両角監督の指導の成果が出てきていて2016年第92回箱根駅伝では総合5位を記録し、2016年は高校陸上界で活躍した逸材が大量に東海大学に入部しましたので2017年第93回箱根駅伝ではさらなる飛躍が期待されています。

Sponsored Link

箱根駅伝の成績

選手時代
1986年第62回大会 3区09位 1.09.18 東海07位
1987年第63回大会 3区07位 1.05.57 東海06位
1988年第64回大会 1区07位 1.05.29 東海08位
1989年第65回大会 2区09位 1.12.13 東海08位

監督時代
2012年第88回大会 12位 11時間17分14秒
2013年第89回大会 出場せず
2014年第90回大会 13位 11時間17分52秒
2015年第91回大会 06位 11時間07分08秒
2016年第92回大会 05位 11時間09分44秒

嫁や息子が気になる。

嫁は貴子さん(49)、妻と息子2人の4人家族です、両角さんが東海大学監督に就任1年目は単身赴任でしたが、2年目からは一緒に住んでいるようです。

奥さんは長野でずっと育った方なので上京してくることに納得していなかったそうですが、今でもそうなのか気になります。

長男の駿さん(23)は、高校時代全国トップ級のランナーでした、お父さんの監督する東海大学陸上部に所属していたようです。

※貴子さんと駿さんの年齢は2016年8月15日時点

次男・両角優さんのプロフィールです。

両角 優(もろずみ まさる)
生年月日 1996年9月28日(20歳)
出身地 長野県
身長 183cm
体重 80kg
血液型 A型
投打 右/右
ポジション 投手

佐久市立東中
佐久長聖高校
立教大学社会学部現代文化学科2年

次男の優さんは野球の投手をやっていて、佐久長聖高校時代は甲子園に出場してドラフトで指名される可能性があった選手でした。

現在は立教大学に進み野球を続けています。

まとめ

中学で陸上部に入り、出身高校は東海大三高校

大学は東海大学へ進学、4年連続箱根駅伝を走る

卒業後は実業団の日産自動車・ダイエーでマラソンランナーとして五輪を目指す

1995年28歳で佐久長聖高校教諭となり駅伝部監督に

佐久長聖高校を全国有数の強豪校に育て上げる

2011年4月東海大学陸上競技部駅伝監督に就任

家族は妻・息子二人の4人家族

次男の両角優さんは佐久長聖高校時代甲子園に出場しドラフト候補だった

関連記事です。
関颯人(せきはやと)の出身中学と高校は?東海大を選んだ理由と關を調べた!
館澤亨次(たてざわりょうじ)は埼玉栄高校から東海大へ!出身小学校・中学と急成長の理由は?
鬼塚翔太(東海大)の出身小学校・中学・高校は?茶髪だからハーフ?
川端千都(東海大)の名前の読みは?綾部高校出身で退部しちゃうの?
塩尻和也(順天堂)の出身中学と高校が知りたい!実はラブライバーでガルパニスト?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする