下田裕太(青山学院)の出身高校は?アニメオタクだけど好きタイプは?

2015年の学生三大駅伝で大活躍した青山学院大学の下田裕太さんは高校時代は無名でしたが、原監督に見出され大学に入りフォームを改善したら急成長して、青学の主力にまで成長しました。

高校時代は無名でも大学に入ってから力を付ける方も結構多いですよね、日本体育大学の小松さんや駒沢大学の工藤さんなんかもこのタイプです。

青山学院大学の下田裕太さんが急成長した理由や出身小学校から高校まで、実はアニメオタクだったとか好きな女の子タイプなどを調べてみました。

Sponsored Link

プロフィール(経歴)

下田 裕太(しもだ ゆうた)
生年月日 1996年3月31日(20歳)
出身地 静岡県駿東郡小山町
身長 169cm
体重 53kg
血液型 A型

小山町立明倫小学校
小山町立小山中学校
加藤学園高等学校
青山学院大学 人間教育科学部3年生

自己ベスト
5000m 13分53秒96
10000m 28分33秒77
ハーフマラソン 1時間02分22秒(2015年)
マラソン 2時間11分34秒(2016年)

全国男子駅伝
2014年全国都道府県対抗駅伝 加藤学園 5区19位 25.20 静岡11位
2017年全国都道府県対抗駅伝 青山学院 7区09位 38.21 静岡05位

出身小学校・中学・高校は?

出身小学校は小山町立明倫小学校、中学は小山町立小山中学校

小学校と中学には陸上部が無くて小山中時代はソフトテニス部所属でした、小学校や中学に陸上部がないパターンも結構多いです

下田さんの出身高校は、静岡県沼津市にある加藤学園高等学校です!!略称は加ト学

しずおか市町対抗駅伝をきっかけに加藤学園高校で本格的に陸上競技をはじめ、長距離選手になりました。

高校三年時に陸上部主将になり、加藤学園高校初の全国高校駅伝に出場し3区を走り区間35位でした。

2013年全国高校駅伝 3区35位 25.31 加藤32位

青山学院大学へ

青山学院大学の原監督の目に止まり青山学院大学に誘われて入学、学部は人間教育科学部です。

原監督の目に止まったのは、下田さんの我流でぎこちない生命力がある走りでした、現在は体の軸を固めるフォームを身に付け、短距離選手のような格好いい走りになっています。

入学当初同級生の中でも下から2、3番目だとご自身が言っていましたが、フォームの改善などで急成長します。

原監督スカウティング能力凄いですね、高校時代ほぼ無名の選手を入学させて一流の選手に育てるのですから。

大学1年生時の第91回箱根駅伝では16人のエントリーメンバーに登録されましたが出走せず。

大学2年になり2015年10月の出雲駅伝で4区を走って、青学は3年ぶりの出雲駅伝優勝をしています。

2015年11月の全日本大学駅伝では5区を走り区間賞を獲得。

2016年1月の箱根駅伝では8区を区間歴代3位の記録で走り、青山学院大学の往復完全優勝と2連覇に貢献しています。

2016年2月28日の東京マラソン2016に出場し総合10位で日本人2位を記録し、マラソン10代日本歴代最高記録を更新しました。

下田さんのサクセスストーリー凄いですね、高校時代無名でも自分にあったフォームを見つけて固めて練習したら、こんなに凄い選手になってしまうなんて・・・これはまだ力がついていない大学生や高校生などに凄い希望を与えますね。

2016年-2017年シーズン

2017年10月の出雲駅伝で3区を走り東海大学の關颯人さんに負けたことが悔しくて、夜の祝勝会で悔しさを爆発させたそうです。

2017年箱根駅伝では2年連続8区を走り2年連続1時間04分21秒で走り区間賞を獲っています、2位早稲田と1分21秒差でタスキを受け取り区間新記録を狙った走りをして、区間新には16秒足りませんでしたが2位早稲田に5分32秒差をつけてタスキを9区の池田さんに渡しました。

下田さん2016年と同じように2017年2月26日(日)に行われる東京マラソンに挑戦するそうです、2016年の東京マラソンでは総合10位で日本人2位でしたからこれ以上の記録を期待してしまいます。

同じ青山学院の一色恭志さんは2017年3月5日のびわ湖毎日マラソンを走る予定になっていますが、これは下田さんとかぶらないようにしたのか気になります。

原監督が2018年箱根駅伝に向けて、「下田さんを3年連続8区で起用できるようなチームを目指そう」と呼びかけたそうです、本当だったら下田さんはエースですから2区を走るべきなのでしょうが、下田さんがまた8区を走れるとなるとそれだけ選手層が厚いということですから4連覇が近づきます。

2017年の第22回都道府県対抗男子駅伝では7区を走り、2016年に卒業した神野大地さん(コニカミノルタ)と青山学院先輩の一色恭志さん+順天堂大学2年生の塩尻和也さんの4人で、3位集団を作り3位争いをしました。

テレビ中継では青学対決なのか先頭集団より映る回数も時間も多かったように思えます、下田さん素晴らしい経験をしたと思います、先輩たちとの戦いは楽しかったことでしょう。

大学駅伝の成績

出雲駅伝
2015第27回大会 4区06位 18.10 青学01位
2016第28回大会 3区04位 25.16 青学01位

全日本大学駅伝
2015第47回大会 5区01位 33.46 青学02位 区間賞
2016第48回大会 1区08位 44.04 青学01位

箱根駅伝
2016年第92回大会 8区01位 1.04.21 青学01位 区間賞
2017年第93回大会 8区01位 1.04.21 青学01位 区間賞

アニメオタク?

下田さん趣味はアニメです、特にアイドルマスターシリーズの大ファンで、その中に出てくる水瀬伊織・七尾百合子のファンを公言していて有名です。

箱根駅伝の雑誌のプロフィールでは、憧れのヒーロー欄にマイティーセーラー(七尾百合子が変身)と書き、好きな女性有名人欄に七尾百合子の声をしている伊藤美来さんと書いたり、アニメオタクなことを隠さない姿勢が、アニメファンから支持されています。

下田さんが急成長したのは、アイマスの力も大きかったでしょうね。

下田さんがアニメ大好きなことをスポーツ新聞やテレビ番組で取り上げられて、かなり有名になってしまったことに対して。

なんでこんなに話が大きくなっちゃったのかよくわからない、一応そういうのに助けらてもらっているのは本当のことなのであまり隠すこともなくやっている。

とラジオで答えていました。

そりゃ、話が大きくなりすぎたら戸惑いますよね・・・

Sponsored Link

下田さんの他にも、箱根駅伝を走るランナー結構オタクな方がいます。

中央大学4年 町澤大雅さん
東洋大学4年 口町亮さん
早稲田大学3年 安井雄一さん

元青山学院大学 保田和真選手
元東洋大学 2代目山の神 柏原竜二

好きな女の子のタイプは?

ラジオで好きな女の子をタイプを聞かれて、答えていました。

あんまり考えたことがない、話が合うのが絶対必要、アニメが好じゃなくてもいい、ちゃらちゃらしたのもあんまり好きではない

大体こんな感じのことを言っていました、アニメ好きじゃなくてもいいのはハードル低くなっていいですよね。

将来の夢

大学4年間は箱根駅伝4連覇を目指す、世界陸上の選考大会にマラソンで出れるかわからないけど目指す、東京オリンピックに出れるようにしっかり頑張りたい

これもラジオですが、だいたいこんな感じの事を言っていました。

1年時は出場していませんが箱根4連覇出来たら物凄いことですし、まだ先ですが東京五輪ぜひ出場して欲しいものです。

まとめ

加藤学園高校に入ってから陸上を始める

原監督の目に止まり青山学院大学に入学

フォームを改善したら急成長

東京マラソン2016では日本人2位を記録しマラソン10代日本歴代最高記録を更新

アニメオタクで特にアイドルマスターシリーズが大好き

好きな女の子のタイプは、話が合ってちゃらちゃらしていない子

関連記事です。
塩尻和也(順天堂)の出身中学と高校が知りたい!実はラブライバーでガルパニスト?
一色恭志(青山学院大)の経歴と箱根駅伝の成績!進路はGMOに決定!
小野田勇次(青山学院大)の出身中学と高校はどこ?彼女はいるのか調べた!
田村和希(青山学院)の出身高校は西京高校!3人兄弟で彼女はいる? 
中村祐紀(青山学院)は大阪桐蔭高校で彼女は?趣味と弟が気になる!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする