上田誠仁(山梨学院大)の経歴と箱根の成績!結婚相手と子供の事を調べた!

今年も駅伝の季節がやって来ました、駅伝ファンの方には楽しみな季節ですね、テレビで駅伝をやっていると、高校大学など問わずについつい見てしまいます。

今回は山梨学院大学陸上競技部監督の上田誠仁さんを取り上げてみようと思います。

山梨学院大学陸上競技部監督の上田誠仁さんの経歴と箱根駅伝の成績と、結婚した相手とお子さんの事を調べてみました。

Sponsored Link

プロフィール(経歴)

上田 誠仁(うえだ まさひと)
生年月日1959年01月09日(58歳)
出身地 香川県善通寺市
山梨学院大学陸上競技部監督
山梨学院大学スポーツ科学部スポーツ科学科教授

善通寺市立東中学校
尽誠学園高等学校
順天堂大学

上田さん善通寺市立東中学時代から当時の2000mの中学新記録を作ったりして、全国トップクラスの成績を残してきました、

尽誠学園高校時代も、三年生の時にインターハイ5000mで2位入賞、チームをエースとして引っ張って行き全国高校駅伝に出場しています。

卒業直前の別府大分毎日マラソン ハーフマラソン部門で、日本高校最高記録となる1時間4分15秒という当時としては物凄い記録を残しています。

大学時代

これだけの成績を残したので上田さん多くの強豪大学からお誘いがありました、その中から選んだのは順天堂大学でした。

当時の順天堂大学の監督だった澤木啓祐さんがテレビの解説で「中学で日本一になって、高校でもトップだった選手は伸びないと」言っているの聞き、大学では見返すつもりで練習に取り組んだのですが、その頑張りがオーバーワークにつながり、入学早々に坐骨神経痛を患ってしまいます。

練習量が落ちたことにより、同期にどんどん抜かれて、その焦りから練習強度を高めると故障の悪循環に陥ってしまい、そのまま冬を迎えてしまいました。

1年目箱根駅伝は1月3日の10区を走る予定でしたが、当日になってエントリーを外されることになってしまいました・・・代わりに走る選手は自分の付き添い役だった人でした。

今まで陸上界のエリート街道を走ってきた上田さんにはこの事がかなりのショックだったそうで、その年は故郷に帰らずに頭を丸めてこの屈辱をバネにして練習に励み、春には同期に負けない自信がつき、夏にはエースと張り合える程のレベルになったそうです。

1979年第55回大会で初の箱根を走ることに、5区を走り区間賞で逆転の往路優勝し、13年ぶり2度めの総合優勝に貢献。

1980年第56回大会でも5区を走り区間賞を獲り総合2位に。

最後の箱根駅伝1981年第57回大会では、11月に左足首を捻挫しまともな練習をできませんでしたが、それでも区間2位で走り総合優勝しています。

上田さん山のスペシャリストとして3年間で、区間賞2回区間2位が1回と素晴らしい成績を残しています、元祖山の神ですね。

一年目の挫折がなければここまでの選手にならなかったかもしれないんですよね、上田さんに挫折を与えた澤木啓祐監督すごいです!!

選手時代の成績
第55回大会1978年(昭和54年) 5区01位 1.14.40 順大01位 区間賞
第56回大会1979年(昭和55年) 5区01位 1.12.41 順大02位 区間賞
第57回大会1980年(昭和56年) 5区02位 1.14.22 順大01位

Sponsored Link

大学卒業後から監督就任まで

大学卒業後は地元香川に戻り、三豊工業高等学校・丸亀市立本島中学校で教員生活をしながら現役を続行して、1983年の5000mのロスオリンピック代表選考会では、ゴール直前40m手前で抜かれてしまい惜しく代表を逃してしまいました。

1985年上田さんの恩師で順天堂大学監督澤木啓祐さんの推薦によって、26歳の若さで山梨学院大陸上部監督に就任し、ケニア人留学生などを使い地方の無名だった大学を強化して、1992年に初の総合優勝、1994~1995年は連覇を達成しています。

駅伝だけではなく尾方剛さんや大崎悟史さんといったマラソンのオリピック選手を育てている名将です。

上田さん陸上部の監督だけでなく山梨学院大学法学部教授という肩書も持っています、凄いです。

結婚相手と子供は?

結婚相手は山梨学院大学陸上部顧問の秋山勉さんの長女秀子さんです。

上田さん監督になって最初は秋山さん宅に下宿していました、秋山さん夫婦が仕事で家を空ける事が多かったそうで、その間に娘さんをゲットしたみたいです。

上田さんと秀子さんの間には、息子2人と娘1人の3人のお子さんがいて、次男の上田健太さんは、山梨学院大学3年生で2年生の時に箱根駅伝を走っています。

秋山勉さんも箱根駅伝を走っているので、親子三代駅伝一家です。

まとめ

中学・高校と全国トップクラスの成績を残してきた。

高校は尽誠学園高校、大学は順天堂大学

1年生の時箱根駅伝エントリーされるが直前に外される

2年生から4年生まで山の5区を走り、1位1位2位の成績

大学卒業後は地元香川で教員生活

1985年に26歳の若さで山梨学院大学陸上部監督に就任

結婚相手は山梨学院大学陸上部顧問の秋山勉さんの長女秀子さん

子供は3人で男2人女1人

関連記事です。
上田健太(山梨学院大)の経歴と箱根駅伝の記録!父や祖父・家族を調べた! 
ドミニク・ニャイロ(山梨学院)の活躍の陰にオムワンバ!納豆好きでどんな性格?
井上大仁(ひろと)の高校と大学はどこ?彼女と所属のMHPSが気になる!
両角速監督(東海大)の経歴と箱根駅伝の成績!嫁や息子が気になる!
酒井俊幸監督(東洋大)の経歴と箱根駅伝の成績!結婚と子供と家族が気になる!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする